ラディアス福岡
〒816-0912
福岡県大野城市御笠川5丁目2-18

092-503-7722|営)10時?20時 休)月曜日 お問い合わせ
092-503-7722|営)10時?20時 休)月曜日 お問い合わせ

BOLG スタッフのブログ

手塗りとガン吹き

テーマ:
コーティングに関して

2017年9月27日

ラディアス福岡ではコーティングをする際、手塗りとガン吹きの両方で仕上げてまいります。



以前は手塗りだけで仕上げておりましたが、手が届かないところや、ハニカム模様のところ(フロントグリル周り)はヘラに布を巻いたり、筆で塗ったりと大変苦労が多かったのですが、今回開発していただいた液剤はガン吹きに最適化されているものになります。



本来、ガン吹きの場合、ガラス濃度を低くする必要があります。

濃度が濃いままガン吹きするとノズルが詰まってきたり、いくどとなくノズルを交換清掃しなければいけませんでした。

また、吹く際の空気の量も多めにしないといけませんので、飛散する量が多いのでその分、施工料金に跳ね返ってきます。











今回の液剤はガン吹きに最適化されてますが、吹く際の空気中の水分を嫌いますので、コンプレッサー側に2個、ガン直下に1個のレギュレーター(水抜きフィルター)をつけてフレッシュな空気で塗布作業をやっていきます。空気の量も少なくてすみ、飛散量も殆ど無いので、ボディ全体、細かなところ、ドア内、ドアヒンジ、ステップ等今まで届かなかったところへも塗布が可能となります。

また、今までの液剤の約3倍塗装面に浸透しますので、塗装と一緒にガラス化します。理論上浸透部分は剥がれることが無いと言っても過言ではありません。施工料金も変わりありません。



最上級のラディアスコート・プロは浸透性の強いベースコートをガン吹き、終了後カーボンヒーターで硬化促進。

その後、別なベースコートをさらにガン吹き、カーボンヒーターで硬化促進した後、手塗りでトップコートを塗布。完成です。



皆様も是非、究極とも言えるラディアスのガラスコーティングをご体感くださいませ。



お問い合わせ等はお気軽にお寄せください。

お待ちしております。